2016年12月7日水曜日

地物の赤貝が獲れ始めました

冬から春頃まで獲れる待望の瀬戸内の赤貝が獲れ始めました。地物なので大きさも不揃いです。



獲れる場所は広島県と愛媛県の県境『百貫島』辺りから東にかけて。
この辺りは水深20~30mとわりに深い所に底引き網で獲るそうです。
大漁でしたのでネタケースに入れてこの時季のレギュラーに。
(貝類はアカニシ貝、タイラギ貝と徐々に揃ってきました)
先ずは赤貝の刺身。甘みのある味わい、そして香りと歯応えが季節感があって良いですね。
刺身には燗酒も良いですがココは季節の新酒で一献。
辛キレな味わいなので刺身との相性も良いですね。五臓六腑に染み渡ります。
生で香りと食感を味わうには握りですね。この時季には地魚特上握りに一貫参加するはずです。
是非、瀬戸内の赤貝を味わってみてくださいね。

0 件のコメント:

コメントを投稿