2016年12月15日木曜日

買い出しに暮の京都へ

気がつけば12月。今年の尾道は暖かい日が続いてるので師走な気が致しませんがあと
約2週間でお正月ですね。新年から道具も新調して気持ち良くお仕事に取り組める様に恒例の買い出しに師走の京都へ行って来ました。

先ずは山椒を買いに京都駅から歩いて清水寺下の「七味屋」さんへ。
もしかしたら半分以上が外国人(特に東洋人)の方々ではないかと思うくらい多くおられ男女とも和服で髪も結って散策されてたので言葉を聞くまでは殆ど日本人と区別がつかなかったです。(僕も昔から時々タイの人と間違われます)
尾道もそうですが沢山の海外の方々に訪れていただき日本を知っていただくのは本当に良い事であり平和につながると勝手に思いました。
昼食は初めての ゆどうふ『奥丹』さんへ。
メニューは日本語と英語で。なるほどシンプルで解りやすい。
しかもこちらでは従業員の方が注文も食べ方も英語で説明されてました。
さすが京都は外国人の方が多いのでシッカリ対応も出来てると感心致しました。
次は下って三条商店街の『菊一文字』さんへ。
こちらは庖丁の他に専門のハサミや爪切り毛抜き等どこでも売ってない様なレアで繊細に造られた手作りのものがあって楽しいです。
この日は手作りの骨抜きを購入。この骨抜き市販で売られてる約10倍しますが骨が良く抜けるんです。長い目で見れば良い道具はかえって安いくらいかもしれませんね。
三条から歩いて錦市場の有次さんへ。
購入した牛刀庖丁に自分のフルネームを棒読みしたニックネーム『ポタージュ』を
『POTAJYU』と刻印して頂きました。(笑)
刻印する場所が窮屈だったので解りづらいですが名前を入れてもらうと思い入れがあって楽しく使えますね。
京阪電車に乗って中書島・伏見へ。
京都に4年も住んでいながら淀にはよく訪れたのですが実は伏見の酒蔵は初めて。
何をしてたのでせうか(笑)
『龍馬、龍馬』と思ってそう寺田屋さんへ。
何か静かだなと思ったら月曜休み。坂本龍馬には会えませんでした。(笑)
繰り上げてお隣の料理屋さんで夕食兼ひとり忘年会。
料理もさることながら非常に月桂冠の燗酒が辛キレで美味しくいただきました。
仕事も兼ねて満喫出来た京都。
これで残りもシッカリ頑張って行きたいですね。



0 件のコメント:

コメントを投稿