2018年1月31日水曜日

天然鯛の名所と因島想春譜

何と今日から”因島想春譜”がNHKみんなのうたに。昭和的で懐かしいメロディー!
歌に出てくる『めか〜りの瀬戸』は今頃特に旨い天然鯛の”あじろ”なんですよ〜。


秋頃から寒い今頃にかけて特に瀬戸の天然鯛が歯応えよく脂がのって旨い。
中でもここ布刈瀬戸で獲れる鯛は潮の流れが速く海底に魚が好む天然のエサが豊富なんだと吉和の鯛の漁師さんに詳しく教えていただきました。
つい先日、隣駅の糸崎駅で停車中のぼりのプラットホームに見つけた『布刈瀬戸』の名所案内。なんだかすごく嬉しかったです。
以前は長いことお世話になった吉和の鯛の漁師さんは体調を崩されて長期で休漁されてます。高齢ではありますがまたいつかおじさんの捕まえた鯛をさばいてみたいですね。
今は尾崎漁港の鯛の立て網漁師さんにお願いして以前と同じ工程
(布刈瀬戸で捕まえる→ひと晩船で泳がせる→朝自分が勝手に船に乗り込み活け〆して神経抜き→お店へ)で新鮮な鯛を提供させていただいてます。ホント漁師さんに感謝ですね。
(活け〆時に気に入って使ってるゴム手袋。自分でハメる度にスチュワーデス物語を思い出してしまいます)(笑)
是非、布刈瀬戸で獲れた寒鯛のお造りを味わってみてくださいね。


0 件のコメント:

コメントを投稿