2017年2月15日水曜日

長州は萩へ

この時期のウニの仕入先と松陰先生にご挨拶をと長州は萩へジュニアと一緒に行ってきました。



新山口駅からレンタカーで約1時間。雪の心配もしましたが問題なく萩までたどり着きました。
先ずは萩シーマートの魚屋さんにご挨拶。実は12年前の正月に訪れた折、ウニ丼ぶりが旨かったのがきっかけで瀬戸内でウニの獲れない冬場から春ころまでこちらの黒ウニを使わさせていただいてます。
丁度正月で不在でしたので後日電話連絡して仕入れてもらったのでお互い顔も知らず電話のみでの取引。
やっと正体をお互いに拝見できて更にお近づきになれました。良かったです。
シーマートさんは萩魚市場の裏手にあって流通の条件も最高です。
瀬戸内は比較的穏やかですがこちら日本海は風が強く特に冬場は時化(シケ)ることが多いのでウニが時々しか入荷しないのが仕入れの難しいところです。
そしてここ『しーまーと』さんが面白いのが中にある魚屋さんで買った魚を3店あるそれぞれの食堂で調理して食べさせていただけるんです。調理代は別途要るのですが身は刺身と揚げてもらってアラは汁にとか。
期待してたのですがあいにくこの日は寒波等の影響でシケてたので狙ってた甘鯛もおらずメニューにあった海鮮どんぶりにウニをトッピング。
解ってはいますが車なので酒がいただけないのが凄く残念でした。(笑)
萩観光開始。先ずは尊敬する松陰先生のところへ。
先生にあやかりたいと信心深いジュニアは懲りずに?おみくじ。
結局のところ何事も積み重ねだよと言い聞かせ納得?
そして二度目の松下村塾。こんな質素な場所で幕末の志士や明治の偉人さんが一年半の短い期間に勉強されてたなんて…。スゴスギル!
間違いなくココはパワースポットですね。
次は世界遺産の萩反射炉へ。

最後に萩の町並みを散策。萩焼も見て名物の夏みかんのソフトクリームを食べてご機嫌に。
途中、公園に紅梅、向こうに尊敬する高杉晋作様の銅像。
寒かったですが陽が照ってたので気持ちよく散策することが出来て良かったです。
無事に新山口駅に到着。痛恨の寝過ごしが無いように息子にお願いして新幹線に乗るまで約1時間強お寿司屋さんで夕食。
運転も解放され先日プーチン大統領が絶賛してた東洋美人で一献。
なかなか無いジュニアとの二人時間を満喫させていただきました。
機会があれば仕事と遊びを交えてまた一緒に旅したいですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿