2018年11月3日土曜日

メカリの本場を訪ねて

10月末の定休日、年に数度しかないジュニアとの同じ休み。こだま号でに乗って関門海峡へ修学食旅行へ行ってきました。


新下関駅に着くと在来線の山陽本線で下関駅へ。そこからサンデンバスで唐戸市場に到着。
自分は3度目の唐戸市場ですがジュニアは初めてでしたので念入りに市場見学。
平日の早朝とあって人けもまばらでユックリと見学できました。
観光にはジュニアのアドバイスでバスの1日乗り放題キップを購入。
今回の旅で一番訪れてみたかった長府の功山寺へ。
ご存知の通り高杉晋作さんが手がけた奇兵隊が挙兵したパワースポット。
静かな森の奥にたたずむ功山寺は他にも七卿落ち(内5名)や名水で知れた長府毛利氏の菩提寺でした。
次に訪れたのは日清講和条約記念館。当時が再現された様なリアルな会議場でした。
時代はカナリさかのぼって源平合戦で入水された安徳天皇を祀る赤間神宮へ。
日清講和条約記念館とは直ぐお隣にあってこちらからの眺めは良く素晴らしい佇まいですね。
この日最大の目標の関門海峡ウォーク。バス停みもすそ川で下車しここからスタート。
ここからだと関門海峡の眺めも最高です。
エレベーターで地下に降り関門人道トンネル(780m)を通ってあっという間に県境へ。
エレベータを昇って九州側へ到着。ここが待望のメカリの地でした。
こちら本場のメカリは和布刈と書き和布刈神社もあって古より歴史もあり、一年で一番速く採れるワカメも良く採れて縁起が良いとされてるそうです。
尾道のメカリは布刈と書きこの辺りから訪れたお客様によく質問された関門海峡の和布刈
こちらも潮の流れが非常に速く行き交う船の移りゆく景色が何とも飽きないいつまでも眺めていたいそんな百聞は一見にしかずな素晴らしい場所でした。
夕食は小倉まで乗り継いで以前から予約しておいた鮨の名店『もり田』さんへ。
気さくで気取らない温厚な82歳の御主人が握る関門海峡のお魚を主体にした刺身と鮨を堪能。特にふぐのにぎりは食感も良く味わいが深くて絶品でした。
小倉から新尾道まで約2時間半の帰路で寝過ごさず無事到着。
ジュニアも来年から早いもんで中学生。いつまで付き合ってもらえるか分かりませんが気まぐれな二人旅。また行きたいですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿