2015年11月30日月曜日

京かぶらで『かぶらむし』

今週になってやっと冷え込んで来たので京都から京かぶらを仕入れました。

京都の奥座敷、亀岡市・篠で育まれた『かぶら』は朝夕の温度差が大きいので甘みがあって香りも良く京かぶらのブランド品です。
皮を厚くむいてすりおろして『かぶらむし』に。
おろす時、かぶらにヌルヌル感があれば一番美味しい時です。
瀬戸内の穴子や海老、白身魚等と一緒に蒸し、最後に葛あんをかけて
『尾道風かぶらむし』完成です。
手間は少しかかりますが寒い時期は暖まりますね。
二月末頃までの料理です。
機会があればお試しください。


0 件のコメント:

コメントを投稿