2017年3月8日水曜日

百貫島のトリ貝

赤貝、平貝、本ミル貝、赤ニシ貝、アワビ…など瀬戸内の貝類が充実してます。二月の中旬頃からトリ貝が肉厚で特に美味しくなってますよ。



トリ貝の獲れる弓削の百貫島はちょうど広島県と愛媛県の境辺りの水深20〜30mの漁場を底引き網漁で獲ります。
殻は薄くて柔らかいので簡単に身を取り出せます。
新鮮なものほど黒々としてます。この色を損なわないようにツルツルした物の上で身を開いて内臓を除去します。
剥き身をサッと熱湯に潜らせ色止めします。
肉厚で甘みがあって握り寿司が良いですね。濃い味が好きな方は煮詰めを塗って食べるのも良いですね。
炙って塩で食すと日本酒のツマミにたまりませんね。
短期間ですが底引き漁の道具の変わる3月末までのお楽しみです。
瀬戸内の貝類を是非食べ比べて見てくださいね。




0 件のコメント:

コメントを投稿